「諦めなければ夢は叶う」について考える 続き

>

TICEコーチ(タイスコーチ)コーチングブログ

昨日の続きです。→こちら
時間を空けようか考えましたが忘れないうちに記事にしようと思いました。

夢を理解する

昨日の記事は「叶う」か「叶わないか」とうところに焦点を当てた内容でした。また、この言葉が使われる時もそこが論点になることが多いです。
しかし、昨日も話した通り叶うか叶わないかはわからないから、どっちでもいいというのが私の考えでした。

ここからが続きになるのですが、まずはその「夢」は「諦められない」ものなのか考えてみる必要があります。
そもそも諦められるくらいの夢であればその夢はそこまで魅力的ではないでしょう。

だから夢を叶えることに対して「諦めなければ叶う」とか「諦めることも必要」というのは議論する前に論外なのです。

本当に夢を見つけたら諦めるとか諦めないとか考えずにひたすら夢に向かって行動するでしょう。
他人がなんて言おうと自分の夢に向かって進むはずです。
そこまでするから叶えることもできますし、ここまで自分を奮い立たせてくれるから夢なんだと思います。

そしてそんな夢を設定できるようなサポートも私のコーチングでは重要になってきます。
諦めようとか諦めないとか思ったら今の夢で本当にいいのか考えてみることも大切です。

Pocket

By