夢を否定してくる人との付き合い方 ドリームキラー対処法

>

自分にはこんな夢があると言った時に、周りで必ず否定してくる人がいます。その人のことをコーチング用語としてドリームキラーといいます。

そんな人に出会った時、どうしたらいいでしょうか。

ドリームキラーはどんな人?

そもそも、どんな人がドリームキラーになるのでしょうか。
もしも、あなたがその人のゴールよりもはるかに高いゴールを目指していると、多くの場合、ゴールを聞いた人はあなたのドリームキラーになります。

ゴールを話すということは、身近な存在であったり信頼できる存在の可能性が高いですが、その人とは同じ生活、時間を共にしていることが多いはずです。
そんな人が想像もつかないような高いゴールを持っていると、相手は居心地が悪くなってくるのです。

なので、今まで通りのあなたに戻すためにゴールを否定してきます。

善意のドリームキラー

ゴールを否定されたとき、その相手が仲があまり良くない友人やあまり尊敬していない上司だったらそこまで気にせずにやり過ごすことができるでしょう。

ただ、仲がいい人や信頼している人もドリームキラーになる可能性は十分あります。
そして、その人たちはあなたのためを思って夢を否定してくるのです。

これはとても厄介です。
ただでさえ信頼できる人に否定されるダメージは大きいですが、それが自分のことを思って否定しているとなるとやっぱりやめておこうかなと思ってしまいます。

ドリームキラー対処法

とても簡単であり、強力な方法があります。
それは、「ゴールを言わない」ということです。

言わなければ、誰も知らないから否定される心配もありません。

また、ゴールを言ってしまうとそのゴールがやりたかったことからやらなければならないことに変わってしまう可能性も出てきます。

そのためにも、「ゴールは言わない」という対処法でゴール向けて進んでいきましょう。

Pocket

By