深刻にならず真剣になる

>

深刻にならずに真剣になりましょう。

深刻と真剣の違い

この言葉の違いを英語だとどう違うのか検索してみると同じ「serious」という単語になりました。

でも、日本語だとなんとなくニュアンスが違うことはわかるかと思います。

深刻は「できない」かもしれない
真剣は「できる」かもしれない

そのような違いを感じるのではないでしょうか。
実際、物事をできるかもしれないと思って取り組んでいる人は真剣に見えますし、できないと思って取り組んでいる人は深刻に見えてきます。

真剣になる

自分の中を見てあげた時に、深刻になっていると感じたり真剣になっていると感じることはできると思います。
その時に、深刻になっている自分がいたら、できないと思って取り組んでいる可能性が高いので、できなかったという結果が生まれやすくなってしまうでしょう。

そうならないためにも、真剣になるように心を切り替えてください。
これは気づくだけでも全然違います。

Pocket

By