例外を見つけると頭が柔らかくなる

>

TICEコーチ(タイスコーチ)コーチングブログ

インターネットに書いてあったから、テレビで見たから、みんなが言っていたから、昔そう習ったから、親から言われてきたから・・・
色々なところから情報を受け取り思い込みは作られます。それが正しい知識の場合もあれば、根拠のない思い込みの場合もあるでしょう。

その情報が正しいか間違っているかというのは日頃から意識していると思いますが、「例外はないか」と意識してみるのも面白いです。

進学校へ行かない秀才

高校生の時、友人から同じ学年にとても勉強ができる人がいるという話を聞きました。東大や早稲田を狙っているらしいのですが、彼と友人が通っている学校は地元では下から3位以内に入る偏差値が低い学校なのです。友人も不思議に思いなぜその学校にしたのか聞いてみると「近いから」というシンプルな理由だったのです。

近いという理由で学校を選ぶことは十分に考えられますが、彼の場合はあまりに目的(東大や早稲田に入学)と手段(偏差値低い学校)がかけ離れていました。
これは自分が持っていた高校に対する認識が変わる例外でした。

例外という情報を知っていれば何かに役立つというわけではないかもしれませんが、自分の頭が柔らかくなるきっかけをつくる力は十分あると思います。
今回の例は偶然受け取った話ですが、自分で例外を探してみたり、イメージしてみたりするといいでしょう。中には自分の認識が崩れる例外があるかもしれません。

Pocket

By