人生の盲点を消す方法

>

人生では楽しいことはたくさんあります。
でも、その楽しいことの一部しか気づけない場合の方が多いです。
少しでも見えないものを減らしていく方法をお話しようと思います。

知識を身に付ける

人は知らないものには気づくことができません。
ボルダリングを知らない人は何をスポーツをして楽しもうとしてもボルダリングは思い浮かべないでしょう。
いろいろビジネスをやろうと思ってもユーチューバーを知らなかったらユーチューブは動画を見て楽しむだけのものだと思うはずです。

そこで知識が重要になってきます。
雑誌でボルダリングの知識を得ていたらボルダリングをやろうと思えるようになりますし、
知り合いにユーチューバーとして生計を立ててる人がいたらユーチューブがビジネスになると気づけるようにもなります。

知識は出会いや経験、読書などいろいろなところから得ることはできますが、おすすめは読書です。
出会いは偶然の可能性が高いです。経験も積極的に積むのは素晴らしいですが、ハードルの高さを考えたら読書が簡単で多くの知識を手に入れられます。

ジャンルを決めずに読書する

知識を得るために読書は有効ですが、好きなものだけ読んでいたら知っている知識しか手に入れられません。
今回の目的は知らないことを減らしていくことなので、ジャンルを問わず読書していくことが大切です。

新刊を端から買ってみたり、平積みされている本を端から買ってみたりするのもいいですが、いきなりたくさん本を買うのもお金がかなりかかります。
そこでおすすめは本棚を端から見ていって知らない用語を見つけたらまず立ち読みしてみる。
立ち読みしてなんとなく内容がわかったら次へ行き、読んでもピンと来なくて気になるようなら買ってみるという方法です。
この方法ならお金の支出も抑えることが出来るのでよかったらやってみてください。

ちなみに、図書館なら端から借りていくこともできますが、一般的に図書館の本は品揃えも良くない上に古い本が多いので、上記の方法を実践して買ってみようを思った本を図書館で探して借りるという用途で使うのがいいかと思います。

Pocket

By