挫折しない目標の立て方

>

新年ということで新たに目標を設定している人も多いのではないでしょうか。
しかし、新年に目標を立てても年末に振り返ったとき全く進歩のない人もいれば、すぐに挫折してしまう人もいます。
そこで、挫折をしにくくなる目標設定のコツをお話しようと思います。

自分の意志で実行可能か?

目標を立てるとき一体どういう目標を立てますか。

・今年は給料を2倍にする
・素敵な恋人をつくる
・行きたい学校に合格する

など上記の目標はよく周りで耳にする目標ではないかと思います。
しかし、この目標は挫折しやすい目標でもあるのです。

それはなぜか。

これらの目標は自分の努力だけでは達成不可能な目標だからです。
言い換えると他人の許可がないと達成ができない目標なのです。

自分の成長が確認できない目標

目標はなりたい自分になるため、自分の成長させるために設定すると思います。
しかし、先ほどの目標だと自分が成長しているかが確認できないのです。

例えば、給料を2倍にするという目標であれば、昨年の倍働いたとしても貰える可能性は低いかもしれません。
更に3倍4倍仕事で成果を上げても今までの給料+αという可能性も十分にあります。
しかし、仕事の成長という意味では確かに3倍4倍の成果は上げているのです。
ただ、目標を給料に当ててしまっているためその実感が薄くなってしまいます。

他にも素敵な恋人をつくるという目標では、付き合ってほしいと告白する権利はあなたにありますが、断る権利も相手にあります。
なのでいくら見た目に気を使うようになってもコミュニケーション能力を伸ばしたとしてもダメな時はダメなのです。
でも、見た目が良くなったという成長やコミュニケーション能力が上がったという成長は確かにあります。
しかし、目標設定を誤ったために恋人ができなかった自分=ダメな自分だと決めつけてしまいがちになってしまうのです。

目標を再度確認

すでに、目標を設定されている人もいると思いますが、今回の話が使えそうだと思った人は再度目標を見直して見てください。
挫折しやすい目標を設定されていると気づく人もいるかもしれません。
他人の許可無く実行・達成できる目標がポイントです。

Pocket

By