職業はひとつ?

>

TICEコーチ(タイスコーチ)コーチングブログ

固定観念は誰もが持っているものだと思います。
しかし、それが自分の可能性、他人の可能性を狭めているものになってしまうことだってあるのです。

職業はひとつ

職業に対しても自然と持っている固定観念はあるでしょう。
例えば、「職業はひとつ」というもの。
もちろん副業が禁止されていて無理な場合や、忙しくて2つ以上できないという場合もあります。
だけど、できるならいくつだってやったっていいのです。
メインの職業があってあとはお小遣い稼ぎの副業という人はいますが、どっちがメインなのかわからないくらいの方がいいと思います。
サービスを受ける側になった時に副業でやってると言っているサービスは頼みたくないですからね。
また、職業を複数持つときはメインの職業を広げていくという方法がありますが、全然違う職業をしても楽しそうだと思いませんか。
実際全く関係ないことっていうのはあまりなく、どこかで関連してたりするものです。

例えばアメリカでは、MLBとNFL(野球とアメフト)でプロの人もいますし、お昼は医者で夜はジャズミュージシャンっていう人もいます。

ワクワクに任せて自由に想像してみると新たな可能性が広がるかもしれません。

Pocket

By