とりあえず一歩だけ動いてみる

>

TICEコーチ(タイスコーチ)コーチングブログ

どうしていいかわからずに立ち止まってしまうことがあると思います。
そんなときは一歩だけ動いてみましょう。

見える景色が変わる

例えば、崖の上に取り残されて立っているとしましょう。
安全なとろこに帰りたいのにどうしていいかわかりません。
脳をフル回転させて問題を解決させることもできますが、そう上手くいかないことの方が多いかもしれません。
考えて末に答えを導き出せず、時間とともに体も心も疲れ果てて力尽きることもあります。

力尽きてしまってからでは取り返しがつきません。
いつまで考えてもダメなら動いてみることも大切です。
今いるところから一歩動けば見える景色が一歩分変わります。
もしかしたら、一歩進んだことによって崖から降りられそうな道を見つけられるかもしれません。
または食料になりそうな木の実を見つけれらるかもしれません。
逆に崖から落ちそうになることもあるでしょう。そんなときはまた一歩違う方向に動けばいいだけです。
崖の淵に立ったことによってこっちは危ないと知ることができたのも大きな収穫です。

ただただ時間が過ぎる方がもったいない

人は出来れば失敗したくないのでしっかり考えてから動こうとします。
もちろん考えることは大切なのですが、考えすぎて身動きがとれなくなることはもっと問題です。

失敗もせず成功だけを重ねて目的地に着けたとしても考えてる時間が長くて2年かかるのであれば、
積極的に行動して、時に失敗もしながら成功を重ね目的地に1年で着く方が振り返ったとき嬉しくないでしょうか。

失敗といっても人生を壊してしまうような大きすぎる失敗は避ける必要がありますが、大体の失敗は取り返しが付いたり意外とどうでもよかったりすることが多いと思います。
それならさっさと目的地に到着して、今までの成功した喜びと失敗した経験を楽しくしゃべっている方が幸せではないかと思うのです。

Pocket

By