コップ半分の水

>

TICEコーチ(タイスコーチ)コーチングブログ

目の前のコップに半分の水が入っています。
あなたならどう考えますか?
という話を聞いたことがあると思いますが、今回はそれについて考えてみます。

半分の捉え方

よく言われるのが、
・「半分しか入っていない」と思うならネガティブ思考
・「まだ半分もある」と思うならポジティブ思考
という例えでしょう。

他にもこう考えると~主義者というのがあるらしいです。

コップ半分の水で簡単にその人の思考傾向を判断できるので面白いと思いますが、
あくまでも遊びとして使える性格診断テスト程度に思っておいたほうがいいです。

間違っても「半分しか入っていないと思ったから自分はネガティブな人間なんだ」と思い込んではいけません。

価値観は常に変わる

なぜそこまで真に受けてはいけないのかと言うと、そんな単純な状況はまずないですし、それだけでは判断なんかできないからです。
自分になんの関係もないコップ半分の水が目の前にあって、それを半分しか入っていないと思おうが、半分も入っていると思おうがどうっだていいことではないですか。
確かに砂漠地帯に取り残された状況なら診断結果は当てはまるかもしれませんが、水辺を探さないといけない時に「まだ半分もある」というのはただののんきかもしれません。
内視鏡検査をするために飲まされたマズイ下剤がコップ半分入っていた時に「まだ半分もある」というのはどう考えてもポジティブではないでしょう。

仮に状況を細かく設定したところで、それぞれ個人の中にある基準や目的によっては同じ答えでもポジティブなのかネガティブなのかは違ってきます。

なので、その状況ならどうするべきかと考えるのではなく、自分の基準を考えたらどうするのがいいのか考えてみましょう。
周りに合わせるのではなく自分に合わせてみてください。

Pocket

By