過去の記憶で今がつくられる。エプスレッソコーヒーでも飲みながら読んでください。

>

TICEコーチ(タイスコーチ)コーチングブログ

今見ているものが過去の記憶でできているなんて考えられない人もいるかもしれません。
でも、既にあなたも違和感を感じなければバッチリ過去の記憶で作り上げられています。
なぜでしょうか?

今が過去だということ

現在が過去の記憶でできているとはどういうことでしょうか。

例えば、イチゴは知っていると思います。
そのイチゴを今日見たとき、カットされていてもイチゴだとわかります。白くてもイチゴだとわかるし、ケーキに挟まれていてもイチゴだとわかるでしょう。
人は過去の記憶を利用して認識することができます。また、全く同じものでなくとも抽象化能力によって同じものだと認識できるのです。

知っているものは見ていない

ここまで書いたら、勘の鋭い方は冒頭の違和感の原因がわかったのではないかと思います。
 
 

なんで違和感を感じなかった人はバッチリ過去の記憶で作られているのかというと、タイトルをちゃんと読んでいないからです。

「エスプレッソコーヒー」をご存知だと思いますが、私が書いたのは「エプスレッソコーヒー」です。
結構読み間違えた方は多かったのではないでしょうか。

そして、読み間違えた方はみんなエスプレッソコーヒーを知っている人なのです。過去にエスプレッソコーヒーを知っていたらか読み間違えたのです。

このことでもわかるように、人は既に知識があるものに関しては見ているようで見ていません。
脳が見たような気にさせているだけなのです。

Pocket

By