嘘は本当に悪いことなのか? 悪い嘘、良い嘘、大切なのは思いやり

>

TICEコーチ(タイスコーチ)コーチングブログ

「嘘は良くない」「嘘をつくと嫌われる」「嘘つきは泥棒の始まり」などと言われていますが、嘘とは悪いことなのでしょうか?

なぜ嘘は悪いか?

なぜ嘘をつくのは悪いのか考えてみると

・人を傷つける
・真実とは異なる

こんな感じではないでしょうか。
真実と異なることによって結局相手が被害に遭うわけですから、人を傷つけるというのが嘘が悪い最大の理由だと思います。
ただ、相手を傷つける関係なく真実を曲げるのは自分として許せないという人も中にはいるでしょう。

彼女の似合わない服

例えば、あなたに大事な人がいるとします。家族でも友人でも恋人でもなんでもいいです。
仮に彼女としておきましょう。
彼女にはすごく欲しがっている服があったとします。
でもお金が無くて買えません。いつもお店の前を通ると羨ましそうに眺めています。
その服を買うと決心したらしく一生懸命働いたり節約しています。
あなたはそんな姿をずっと見ています。
やっとお金が溜まったようでご機嫌な彼女はあなたと一緒にあの服が売っている店に向かいました。
服を見つけた彼女は一目散で試着室へ
少し経って試着室のドアが開き彼女は満面の笑みであなたに聞くのです。

「どうっ?似合ってる?」

しかし、似合ってないのです。
普段と着る服のタイプが違うのかよくわかりませんが、とても違和感があってお世辞にも似合ってると思えませんでした。
そんな時あなたはなんと言いますか?

嘘に良いも悪いもない

「う~ん。ごめん、ちょっと似合ってないかも。でも君がずっと欲しがっていた服だから君がいいと思うならいいんじゃないかな!」

なんて普通は言わないでしょう。
でもこれが本音なのです。
嘘が悪いことで絶対ついてはいけないと思っているならこのように言うべきでしょう。

もう感じていると思いますが、嘘自体は良いも悪いもありません。内容次第で良くも悪くもなります。
多くの場合、嘘によって相手を傷つけてしまうので、嘘=悪いこと と思われていますが、相手を幸せにするなら 嘘=良いこと にもなります。

良い嘘をつくときに守ることがあります。
それは貫き通すことです。
後で嘘だったとバレたら良い嘘をついても傷つけることがあります。
本音はつい言いたくなるもの。
それでも、嘘をついたからには貫き通してください。

大切なのは相手への思いやり

今回の服の例ではそれでも嘘はつきませんという人がいるかもしれません。
「後で多くの人に似合っていないと言われて傷つくかもしれないから、がっかりさせちゃうかもしれないけど今似合ってないと言おう」
という意見もあるでしょう。それはそれでいいと思います。

相手のことを思いやること

それが何よりも大切ではないでしょうか。

Pocket

By